介護職を使い捨てにするような介護施設からは転職する

介護職員を使い捨てにする介護施設からは転職

 

残念ながら介護業界にはブラック企業はありますし、業界全体から見ると人手不足な現状も後押ししてブラック企業が運営している介護施設が多い業界の一つといっても否定しにくいと言えます。

 

特に人手不足の介護施設な上に、待遇面を改善して人を呼び込まないような職場は、すぐに退職される事を前提としたような、酷い労働環境が存在していることもあります。

 

このような職場で働いていると企業側に使い捨てられてしまうだけのこともあります。

 

そのため、危険なブラック企業だと感じたら転職する事も大切です。

 

介護職員を使い捨てにするような介護施設の特徴とは

・夜勤のワンオペ(1人体制)が常態化している
・夜勤明けに残業がある
・サービス残業が多い
・給料が全く上がらない
・正社員なのに賞与や退職金が無い

 

もし、上記の項目に思い当たる節があるのでしたら、人材を使い捨てにすることを前提にしている介護施設で働いてしまっている可能性を考えた方が良いかもしれません。

 

特に夜勤や残業面が過酷ですと、体調面や精神面に大きな支障を与えて働けなくなることもあります。

 

言葉通り使い捨てにされることもあるので、体調や精神面に不調を感じていて、上記に項目に思い当たる節があるのでしたら、迅速に転職する事をオススメします。

 

職場を改善させる方法はないのか

個人の力で職場の待遇面や過酷なシフトを改善させることは難しいと言えます。

 

労基に告発して、立ち入りして貰う事も一つ手段と言えますが、職員の数が少ないと犯人探しをしたり、そもそも違法なサービス残業をしないと経営が成り立たないという事で、そのまま倒産する可能性もあります。

 

また、労基もすぐに動くかどうか分からないので、結局はプラスに働く可能性は運に左右されると言えます。

 

そこまでの努力をするぐらいなら、さっさと他の介護施設に転職した方が時間も労力も無駄にせずに済むと思います。

 

体を壊さず長期的に働ける介護施設を探す

ブラック企業が多い業界なのは事実ですが、人を大切にして、長期的に介護職員が働ける環境を整えている介護施設も存在します。

 

特に人手不足が進んでいる業界になるので、大手の介護施設は、労働環境を改善して人手を確保しようとしています。

 

ブラックな介護施設になるのは、人手不足でも体力がなく待遇を上げて人が集められなかったり、そもそも経営者が利益だけを優先しているケースになります。

 

そのため、有名な大手企業の方が比較的に働きやすいと言えます。

 

また、介護業界自体人の入れ替わりが多い業界になるので、やはりシェアを拡大して行きたい企業となると、他の介護施設を運営している企業に人材が流れないようにするためには、長期的に介護職員が働ける職場作りは必須と言えのです。

 

また、大手の介護施設ではなく、堅実に施設の運営をして、介護職員の待遇面を上げたり、夜勤専従の職員を雇って日勤の介護職員の負担を軽くしている施設も少なくありません。

 

ブラックな介護施設に就職していると、その環境が当たり前と感じてしまいますが、ホワイトよりの介護施設も存在するので、転職を前提に一度他の職場の待遇と今の職場を比較してみるとよいと思います。

 

介護専門の紹介会社を利用して待遇面の比較をする

待遇の良い介護施設を探すのでしたら、やはり介護専門の紹介会社を利用する事をオススメします。

 

理由としては、自分で探すのではなく、転職する上での希望条件などを担当のスタッフに伝えることで希望に近い求人を厳選して紹介して貰う事ができるからです。

 

また、転職するにあたっての不安を相談することもできるので、今まであなたが抱えていた不安や悩みに対するアドバイスを受けられる可能性もあるからです。

 

利用したら紹介された求人に応募しないといけない義務はないので、紹介された求人と今働いている職場の待遇を比較した上で、転職する事を考えてみるとよいと思います。

 

転職するかどうか決めかねている人でも利用できるので、それ程気負わずに利用してみるとよいと思います。

 

どちらにせよ、体や精神面に不安を感じる職場でしたら、早い段階で転職を視野に行動する事をオススメします。

 

⇒優良な介護施設を紹介して貰える紹介会社

オススメの介護専門の紹介会社

page top