パートでも介護福祉士の資格を取得するべきか

パートでも介護福祉士の資格を取得する必要はあるか

 

パートの方で、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)を取得している方は多いと思いますが、一方で介護福祉士資格取得になるとハードルが多少上がるので、取得するか否か考える方も多いと思います。

 

介護福祉士の資格を取得する事のメリット

介護福祉士の資格を取得すれば、正社員の場合でしたら資格手当が、パートの場合でしたら時給が上がる事が一般的になります。

 

また、都内でしたら介護福祉士の資格を取得している人に対して1000円〜1300円といった高時給で採用する事もあります。

 

上記のような介護施設・事業所の求人を探すには、介護専門転職サイトで紹介しているような介護専門の紹介会社を利用する必要が出てきますが、それでも好待遇で働けるチャンスは確実に広がります。

 

逆に、資格を取得しても時給が上がらないような施設もあるので、そのような施設で働き続けるなら積極的に取得する必要はないかもしれません。ただ、そのようなブラックよりの施設から転職するなら、検討しても良いと思います。

 

介護福祉士の資格を取得することのデメリット

取得すること自体にデメリットはありませんが、取得のために出費は必要になります。試験を受けるだけでも、約1万3千円程かかります。

 

通信講座を受けるなら3万円程、通うなら10万円程度の出費が必要になります。また、独学を選んでも、テキスト・問題集・模試といった出費があるので、結局はお金がかかります。

 

したがって、介護職としてずっと働くつもりが無かったり、結婚や出産を機に一度退職する事を考えているのでしたら、取得する必要はないかもしれません。

 

また、真面目に勉強すれば受かりますが、勉強する時間が中途半端だと落ちる可能性も出てきます。そのため、結婚している方は家族の協力なども必要になります。

 

勉強する時間が無かったり、無理をして体を壊す可能性があるのでしたら、やはり無理はしない方が良いと思います。
デメリットというよりも、取得できる必要があるか、そして環境が整っているか次第で介護福祉士の取得するかどうか決めた方が良いと言えます。

 

なお、介護福祉士の勉強方法や費用、受験資格に関しては下記の記事を参考にしてください。

 

⇒介護福祉士 勉強方法

 

将来的に正社員になる事も考えているのなら取得するべき

 

政府は、介護職員初任者研修⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士としたキャリアパスの構築をしていく方針を決めています。

 

また、勤続年数による給与体系も目指しています。そのため、認定介護福祉士になるにも、介護福祉士取得後に5年〜10年の経験年数及び介護リーダーの経験などが求められるとされています。

 

そのため、将来的に介護職員として働いて行く事を考えるのでしたら、介護福祉士の資格が取得できる条件を満たしたら、早い段階で取得するべきと言えます。

 

介護福祉士のスクール資料を請求するならシカトル

 

もし、介護福祉士の試験を受ける事を考えているのでしたら、一度あなたの住んでいる地域に勉強できるスクールがあるか調べてみてはどうでしょうか?

 

シカトルでしたら、無料で周囲にあるスクールのパンフレットを一括で請求することができます。

 

興味がありましたら、スクールの講座内容や費用の比較をしてみてはどうでしょうか?

オススメの介護専門の紹介会社

page top