資格手当が出る介護の資格について

資格手当が出る介護の資格とは

介護の資格は複数存在しており、代表的な資格としては下記になります。

 

・介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
・実務者研修
・介護福祉士
・ケアマネジャー
・介護事務
・ガイドヘルパー
・福祉住環境コーディネーター
・社会福祉士

以上が一般的な介護資格になります(細かく挙げるとまだ存在しますが、重要度が低い資格になるので、ここでは省略させていただきました)。

 

ただ、資格は沢山ある一方で、現場で必要とされる資格は限られてきます。

 

資格手当が出る介護の資格

 

介護の現場で働く方でしたら、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士の資格を取得するようにしましょう。

 

介護初任者研修と介護福祉士の資格は資格手当が出るる事が多いので、給料に直接関わってきます。

 

また、介護福祉士の資格を取得しておくと転職もしやすいです。

 

実務者研修の資格は、介護福祉士の資格を取得する条件になります。

 

ただ、介護福祉士になるのに介護職員初任者研修の資格は不要なので、もし介護福祉士の試験を受ける年数を働いているのでしたら、実務者研修から受けるのも一つの手段です。

 

※介護福祉士の資格取得の詳しい内容はコチラをどうぞ

 

⇒介護福祉士の取得方法と勉強方法について

 

ケアマネジャーの資格は、ケアプランの作成といった独占業務ができます。また、事務職員ができない専門的な事務処理や市や県との面談などをすることもあります。

 

現場ではなく、より介護の専門な知識を使って活躍したい方は資格の取得を目指しましょう。なお、介護福祉士の資格を先に取得しておくと現場の仕事もできることで重宝されます。

 

資格手当に関しては、ケアマネジャーを求めている求人の場合は資格手当が出る可能性が高いです。

 

詳しい資格取得方法としてはコチラを参考にして頂ければ幸いです。

 

ケアマネジャーの年収を転職で上げる方法

 

社会福祉士の資格を持っていると介護施設では相談員として働くことできます。

 

また、在宅支援センターや福祉サービス施設でソーシャルワーカーとして事務の仕事をすることもできます。

 

また、介護福祉士と同様に国家資格となります。高齢化の影響で、生活保護で施設を探している人などの相談が増えて行く事を考えると、手に職を困る事はないと思います。

 

資格手当も介護福祉士同様に出る事が多いです。

 

ただ、資格試験を受ける条件としては4年生大学で指定科目を収めているか、社会福祉士短期養成施設(6ヶ月)を卒場する等の条件があります。

 

もし詳しい事を知りたい方はパンフレットの依頼等をして、あなたに一番適した方法をとりましょう。

 

資格手当が出ない介護の資格

 

 

介護事務やガイドヘルパー、福祉住環境コーディネーター等は…資格を取得しても資格手当が出るることは基本的にありません。

 

事務職でも、介護事務の資格を取得しているから資格手当が出るるといった事は基本的にないと知っておきましょう。また、就職の面接時に有利になる事も比較的に少ないです(無駄ではないですが)。

 

ただ、ケアマネジャーや介護福祉士といった資格を取得していれば、付加価値として専門性を身に付けていると判断されることもあり、転職に有利になることはありませす。

 

ただ、ガイドヘルパー、福祉住環境コーディネーター等を単独で持っていても、評価されることは少ないです。

 

そのため、最低でも介護職員初任者研修等の資格を取得した後に、付加価値として泊を付けたい方が取得を目指すとよいかもしれません。

 

このページでは、簡単に資格の内容と優先順位に関して述べさして頂きましたが、詳しくは資格の個別ページを参考にして頂ければ幸いです。

 

また、既に資格の取得を考えている人は、無料のパンフレット依頼で内容を確認してみてはどうでしょうか?

 

講義の値段の比較に役立ててくだされば幸いです。

 

無料のパンフレット依頼ができるサイト

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』


 

株式会社ネットワーク21


 

個人的には、介護・福祉・医療に特化している『シカトル』がオススメです。
値段も業界では最安値な講座が多いです。

オススメの介護専門の紹介会社

page top