介護職員初任者研修は介護職として働く前に取得

介護職員初任者研修は介護職として働く前に取得するべきか

介護職員初任者研修とは、介護の仕事をする上で、多くの方が最初に取得を目指す資格になります。資格を取得すれば、介護施設では一定の介護技術と知識を持っていることが認められ、資格手当も給付されることが多いです。

 

また、訪問介護としてヘルパーで働く場合は、無資格では働くことができないので、介護職員初任者研修、もしくは介護福祉士の資格が求められます。

 

介護福祉士の資格取得を前提にしている場合


介護福祉士の資格を取得するのに、介護職員初任者研修の資格は必要とはされていません。

 

そのため、条件さえ満たせば、介護職員初任者研修の資格を取らずに、介護福祉士になれるので、費用を抑えることができます。

 

ただ、介護福祉士になるには、実務経験3年以上で、従事日数540日以上が必要となります。

 

1日の勤務時間は関係なく、仕事に従事すれば大丈夫です。

 

また、それに加えて、実務者研修と呼ばれる資格を取得する必要があります。

 

そのため、未経験で無資格で3年間介護職員として働くことになり、介護職員初任者研修の資格手当の給付分を考えると、費用が抑えられているか否かは微妙な所です。

 

また、前述したように訪問介護は介護職員初任者研修がないとできないので注意してくださいね。

 

なお、介護職員初任者研修を取得しておくと、実務者研修の受講時間である450時間が320時間に短縮して貰えます。

 

※実務者研修についての詳しい話についてはコチラをどうぞ
⇒介護の資格 実務者研修とは?

 

既に介護福祉士の日数条件を満たしている方の場合

 

 

無資格で既に3年以上働いており、540日間介護の仕事に従事しているのでしたら、介護職員初任者研修の資格を取得するのではなく、実務者研修の資格を取得して、介護福祉士資格を取得することをオススメします。

 

勉強時間や試験の日程、そして費用面を考えると、わざわざ介護職員初任者研修の資格を取得するメリットは少ないと言えます。

 

なお、難易度は介護福祉士の当然高いので、落ちてしまったらメリットも何もないので注意してくださいね。

 

※もし、介護職員初任者研修の勉強方法や仕組みについて詳しく知りたい方はコチラをどうぞ
⇒介護職員初任者研修の取得方法

 

※介護福祉士に関してコチラをどうぞ
⇒介護福祉士 勉強方法

オススメの介護専門の紹介会社

page top