福祉用具専門相談員 難易度と必要性

福祉用具専門相談員の難易度と必要性

 

 

福祉用具専門相談員とは、車椅子やお風呂やトイレ用の手すり、介護ベッド等の福祉用具を貸与するビジネスである『貸与事業』を行う場合になります。

 

貸与事業をする場合は、各事業所に2名以上の福祉用具専門相談員を配置することが義務付けられています。

 

需要としては、2025年に団塊の世代が全員75歳以上になる事を考えると、より福祉用具の貸与の需要は増えて行くことが見越すことができるので、貸与事業も需要と共に増えて行くとされています。

 

もし現場で介護職員として働くことに疲れてしまった人等は、資格を取得して、福祉用具専門相談員に転職することも一つの手段かもしれません。

 

福祉用具専門相談員は、前述したように福祉用具の貸与になります。

 

そのため、実際に使う側の現場の介護職員の経験がありますと、企業側からも重宝されます。そのため、介護の経験を現場の仕事以外で活かすことができる貴重な仕事でもあります。

 

また、福祉用具専門相談員の資格以外にも、福祉住居コーディネーターといった資格も一緒に取得しておくと、より転職時に活躍の幅が広がります
福祉住居コーディネーターについて詳しく知りたい方はコチラをどうぞ
⇒福祉住環境コーディネーター 難易度と必要性

 

福祉用具専門相談員の難易度

福祉用具専門相談員とは、スクールに5〜7日間通って、講習を受けて、最後に修了評価を受ければ資格を貰えます。

 

最後に筆記がありますが、難易度はかなり低く、真面目に講義を受ければ確実に受かると言ってよいでしょう。

 

なお、講義費用の最安値は2万5千程になります。

 

スクールごとに費用を比較して、検討してい方は下記のサイトを参考にして頂ければ幸いです。

 

※介護・福祉・医療に特化した、資格情報サイト【ケア資格ナビ】
福祉用具専門相談員の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

 

※介護・福祉・医療の資格情報サイト【シカトル】
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト