福祉住環境コーディネーター 難易度と必要性

福祉住環境コーディネーター 難易度と必要性について

転職するにあたって、福祉住環境コーディネーターの資格を持っている人をターゲットに求人が出されることは少なく、個別に資格手当が給付される事も基本的にありません。

 

そのため、介護資格の中でも取得の優先順位は低いと言えます。

 

ただ、福祉住環境コーディネーター2級を取得するために勉強をすれば、高齢者や障碍者のためのバリアフリーを意識た住まいについて、適切なプラン等を意見する事が出来る知識を身に付けることができます。

 

2025年には、団塊の世代と呼ばれる人達全員が75歳となり、今まで以上に介護施設や高齢者向けマンションが建造されることを考えると、一概にメリットのない資格とは言えません。

 

福祉住環境コーディネーターの資格を取得していれば、あなたの介護に関わる知識、および高齢者、生涯向けの住環境の知識を裏付けてくれる一つの手段になると言えます。

 

時に最近は、在宅介護のニーズが高まっているので、介護職員初任者研修介護福祉士の資格と合わせて取得しれば、自分の価値を高めてくれると思います。

 

福祉住環境コーディネーターの難易度

 

 

福祉住環境コーディネーター難易度は比較的に簡単で、合格率も70%以上と言われています。

 

また、福祉住環境コーディネーター3級と2級は、同日の午前、午後で行われるので、両方受けることもできます。

 

一応2級の方が難しく、転職などで活用する際は2級の方が有用性が高いとされています。

 

ただ、個人的な意見を言えば、出題内容が少し異なるだけで難易度は変わりません。実際に、3級が落ちて、2級が受かったという方もいらっしゃいます。

 

そのため、確実に受かるのでしたら、3級は飛ばして2級だけに専念してもよいかもしれません。

 

また、介護職員初任者研修の内容とも多少被っているので、既に取得している人でしら、それほど苦労せずに勉強が進むと思いますよ。

 

もし福祉住環境コーディネーターの資格に興味がありましたら、下記のサイトでパンフレット依頼をすれば、資格講座の費用の比較できるので、参考にして頂ければ幸いです。

 

※介護・福祉・医療に特化した、資格情報サイト【ケア資格ナビ】
福祉住環境コーディネーターの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

 

時期によって講座の値段は変わってきますが、基本的には2万円前後が多いです。

 

ただ、スクールによっても料金体系は変わってくるので、資料を比較して一番自分に適したスクールの講座をに申し込んでみてはどうでしょうか?

オススメの介護専門の紹介会社

page top