介護福祉士の試験に合格するための勉強方法

介護福祉士の資格を取得するための勉強方法

介護福祉士は、初任者研修と違い国家資格の一つとされています。

 

取得を目指す人は、大雑把に分けると、専門学校で国に指定された科目・単位数を修めることで受験資格を取得した方と、現場で既に従事している方に分けられます。

 

後者の場合は、現場で3年間の就業かつ従事日数が540日以上の条件を満たさないと受ける事が出来ません。

 

介護福祉士の取得難易度

 

 

介護福祉士の取得難易度自体はそれほど難しくなく、専門学校に通い、受験資格を得た人ならば、学校のサポートを受けながら勉強すれば大丈夫と言えるでしょう。

 

問題は、現場で既に働いている受験者になります。

 

受験の勉強とは、仕事の知識を覚えるのと違い、通常の業務では求められない事も覚える必要が出てきます。特に、長らく学校等の勉強から離れていると、勉強の方法が分からない方も居ると思います。

 

また、勉強の進め方が分からないと、資格に向けてのモチベーションも保ち辛くなります。

 

介護福祉士の資格取得必要で一番大切なのは真面目に勉強し続けることです。

 

しっかりと、勉強すれば受かる難易度となっています。実際に受かった人の多くは、難易度の低さに拍子抜けする方多いです。

 

逆に落ちる人の多くは、途中でモチベーションを保てず勉強を辞めてしまったり、受験そのものを受けない方になります。

 

モチベーションを保つには

 

 

一番大切なのは、何故介護福祉士の資格を取得したいと思ったかを明確にすることです。

 

介護福祉士の資格を持つという事は、介護を受ける利用者様をケアする能力が認められたことになります。

 

また、社会的貢献にも大きく貢献できるというやりがいを持てます。

 

介護福祉士を取得し介護支援専門員(ケアマネジャー)を目指すのも良いでしょう。

 

モチベーションを保てるなら、単純に資格を手に入れて、資格手当を増やして給料を上げるためや、現場復帰する時に職探しを楽にしたい等でも良いと思います。

 

とにかく、前向きな気持ちで勉強できるように心がけましょう。

 

介護福祉士取得のための勉強方法

 

 

既に働いている方は、専門学校に通いながら資格のために勉強をすることになります。

 

ただ、多くの方は通信で筆記の対策をし、実技の講習を学校で受けるといった手段をとっています。

 

また、人によっては書店でテキストを購入し、独学で受験をする方もいらっしゃいます(実技はセミナー等を通い対策します)。

 

ネットなどでは、介護福祉士を専門学校等に通わす、書店のテキストのみで受かった!といかたもいらっしゃいますが、私自身はあまりオススメしません。

 

まず、相談ができないので分からない箇所は質問できませんし、受験に向けての不安が増大します。

 

特に働きながらの勉強ですと、自分の分からない問題を調べるだけで大きなストレスになり、モチベーションを下げてしまいます。

 

また、テキストや問題集を購入していると以外にお金も掛かります。そして、不合格になって改めて専門学校に通うとなると、余計な出費になってしまいます。

 

それでも、どうしても独学で介護福祉士の勉強をしたいと思うのでしたら、次に当てはまる人をお勧めします。

 

・自分で、テキストから問題の傾向や疑問を解消できる
・モチベーションを自分で管理できる
・独学の勉強で成功した経験がある
最低でも、上記3つを満たしている事をお勧めします。

 

なお、介護福祉士の受験には1万円ほどの受験費用が掛かります。何回も落ちてしまうと、テキスト代と受験代、そしてあなたの貴重な時間を消費してしまいます。

 

それらの防ぐためにも、自分への投資として専門学校等を利用することをお勧めします。

 

※もし、より介護福祉士の講座について詳しくしりたいのでしたら、一度資料を請求して検討して見てはどうでしょうか?

 

ここでは、あくまで私のお勧めとして一つのサイトを推薦させて頂きます。

 

下記のサイトは、あなたがお住まいの近隣にある介護福祉士取得のための講義をしている専門学校の資料を無料で一括請求できます。

 

専門学校を比較するためにお使いください。

オススメの介護専門の紹介会社

page top