介護の仕事で安定した生活を送る将来設計〜介護資格〜

介護の資格一覧

 

このページでは、介護のキャリアップを目指して介護福祉士やケアマネジャー等の資格取得を考えている人にとって参考になる記事を載せています。
気になっている資格があるなら、ぜひ参考にしてくださいね^^

 

・介護職員初任研修の取得方法
⇒介護職員初任者研修:費用を抑えて最短で取得しよう

 

・実務者研修の取得方法
⇒介護の資格 実務者研修とは?

 

・介護福祉士の資格取得方法
⇒介護福祉士 勉強方法

 

・ケアマネジャーの資格取得方法
⇒介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格取得方法

 

その他の介護の資格、または個別の悩みに関しては下記の記事一覧を参考にして頂ければ幸いです。

 

介護の資格記事一覧

介護の資格は複数存在しており、代表的な資格としては下記になります。・介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)・実務者研修・介護福祉士・ケアマネジャー・介護事務・ガイドヘルパー・福祉住環境コーディネーター・社会福祉士以上が一般的な介護資格になります(細かく挙げるとまだ存在しますが、重要度が低い資格になるので、ここでは省略させていただきました)。ただ、資格は沢山ある一方で、現場で必要とされる資格は限ら...

介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれています。ケアマネジャーは、要支援・要介護を受けた方が介護を受けるにあたり必要となるケアプランの作成を行い、他の介護サービス事業者と利用者の望む介護の調整を取りまとめることになります。また、ケアプランの作成がなければ利用者は介護保険を使って介護サービスを受ける事ができず、施設側も介護報酬を受け取ることができないため、介護業務をする上で特に重要な役割を持つの...

介護福祉士は、初任者研修と違い国家資格の一つとされています。取得を目指す人は、大雑把に分けると、専門学校で国に指定された科目・単位数を修めることで受験資格を取得した方と、現場で既に従事している方に分けられます。後者の場合は、現場で3年間の就業かつ従事日数が540日以上の条件を満たさないと受ける事が出来ません。介護福祉士の取得難易度介護福祉士の取得難易度自体はそれほど難しくなく、専門学校に通い、受験...

パートの方で、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)を取得している方は多いと思いますが、一方で介護福祉士資格取得になるとハードルが多少上がるので、取得するか否か考える方も多いと思います。介護福祉士の資格を取得する事のメリット介護福祉士の資格を取得すれば、正社員の場合でしたら資格手当が、パートの場合でしたら時給が上がる事が一般的になります。また、都内でしたら介護福祉士の資格を取得している人に対して100...

実務者研修の目的は、名称から分かるように介護の実践的な技術と知識を学ぶ事を目的としています。ただ、それは試験を受けさせる国の目的であり、介護職員にとって重要なのは、平成28年度以降の介護福祉士国家試験を受験するためには、この実務者研修を修了することが必須となるのです。これは、介護の養成施設に通っていた方にも適用されるので、介護福祉士を目指す方には避けて通るのことできな研修と言っていいでしょう。※な...

介護職員初任者研修の取得は介護の仕事をしていく上での登竜門とされていることもあり介護職に就いた方がまず取得する資格となります。また、介護職を目指している学生等が介護職に就く前に先に取得している場合も多いです。     介護職員初任者研修を取得するメリットとは?・介護福祉士の受験に必要な実務者研修(平成27年から)が一部免除になる・給料に資格手当が加算される・一度退職しても、現場に復帰しやすいまた、...

介護職員初任研修の資格は、軽視されることもありますが、介護職員として長く続けて行くのでしたら、必ず取得する事をお勧めします。⇒シカトルの介護職員初任者研修※介護職初任者研修の資格を活かして転職をしたい方は⇒介護士 オススメ紹介会社 月収30万・高時給を目指すを参考にしてください。この記事は介護職員初任者研修の資格をまだ取得していない方を対象にしています。介護職員初任者研修による手当一番目に見えて分...

介護職員初任者研修のカリキュラムは、厚生労働省が決めており、そのスクール時間は130時間と決まっています。この時間は、専門学校によって差異はありません。専門学校によって、介護職員初任者研修のカリキュラムを受けるための費用は異なりますが、実は勉強する内容は同一です。もしかしたら、専門学校に勤める講師によって、教え方の上手い、下手はあるかもしれませんが、介護職員初任者研修の難易度自体はそれ程高くないの...

介護職員初任者研修とは、介護の仕事をする上で、多くの方が最初に取得を目指す資格になります。資格を取得すれば、介護施設では一定の介護技術と知識を持っていることが認められ、資格手当も給付されることが多いです。また、訪問介護としてヘルパーで働く場合は、無資格では働くことができないので、介護職員初任者研修、もしくは介護福祉士の資格が求められます。介護福祉士の資格取得を前提にしている場合介護福祉士の資格を取...

ガイドヘルパーの正式名称は移動介護従事者と言います。名前から分かる通り、障害を持つ方々の外出の介助をおこなえる資格です。ガイドヘルパーの資格は必要とされるのか結論を言えば取得することにデメリットは一切ありませんが、ガイドヘルパーを取得しなくても不都合を覚えることもありません。ただ、ガイドヘルパーの資格は、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)で出来る事を少し広げてくれる補助的な資格です。具体定期...

結論を最初に言うと、必要ありません。転職する上で必要な要件とされることは、ほぼないと言っていいでしょう。介護施設の事務の求人に複数の方が応募された場合は、多少は有利になる可能性はあります。ただ、これは未経験同士の時であり、経験者が複数いる場合は、基本的に人柄と経験で決定されると言っていいでしょう。もし、貴方が介護について興味があるのなら、介護事務の資格よりも介護職員初任者研修等を取得した方が、介護...

転職するにあたって、福祉住環境コーディネーターの資格を持っている人をターゲットに求人が出されることは少なく、個別に資格手当が給付される事も基本的にありません。そのため、介護資格の中でも取得の優先順位は低いと言えます。ただ、福祉住環境コーディネーター2級を取得するために勉強をすれば、高齢者や障碍者のためのバリアフリーを意識た住まいについて、適切なプラン等を意見する事が出来る知識を身に付けることができ...

福祉用具専門相談員とは、車椅子やお風呂やトイレ用の手すり、介護ベッド等の福祉用具を貸与するビジネスである『貸与事業』を行う場合になります。貸与事業をする場合は、各事業所に2名以上の福祉用具専門相談員を配置することが義務付けられています。需要としては、2025年に団塊の世代が全員75歳以上になる事を考えると、より福祉用具の貸与の需要は増えて行くことが見越すことができるので、貸与事業も需要と共に増えて...

超高齢化社会が現実味を帯びている事から、福祉・医療面の充実させる事は急務の一つと言えます。そして、超高齢化社会の一つの区切りとしては、団塊の世代が全て後期高齢者である75歳に達する2025年とされています。そのため、政府は2025年に向けて福祉・医療面の対策に追われています。認定介護福祉士を頂点としたキャリアパスの形成どれだけ介護施設やサービスを充実させても、現場で働く介護職員がいなければサービス...

オススメの介護専門の紹介会社

page top